新着情報

「ワン・ワールド・フェスティバル」2月2日(土)・3日(日)に開催!

感じる・ふれあう・助け合う 世界につながる国際協力のお祭り
「ワン・ワールド・フェスティバル」
2月2(土)・3日(日)に開催します!

環境破壊、貧困、人権抑圧、民族紛争、教育、難民など、今日私たちが抱える様々な問題を解決するには私たち一人ひとりの協力が必要です。
ワン・ワールド・フェスティバルでは、「共に生きる世界をつくるために~一人ひとりができること」をテーマに、大阪国際交流センターに関西の主要NGO/NPO、ODA実施機関・国連機関・教育機関、企業などが一堂に会します。

チラシ (PDF)

今年度はワン・ワールド・フェスティバル20周年を記念して、20という数字をキーワードにプログラムを実施するほか、地球課題の問題に取り組む国際協力だけではなく、異文化理解を促進する多文化共生についてのプログラムも実施します。
また、昨年度多くの来場者があったルー大柴さんのトークショーを今年も開催するほか、ギニア出身のオスマン・サンコンさん、なんとかしなきゃ!プロジェクトの著名人メンバーである真戸原直人さん(ロックバンド アンダーグラフ ボーカル担当)&田中雅美さん(タレント、元水泳選手、シドニーオリンピック銅メダリスト)のトークショーなどの著名人参加を始め、2日間にわたりさまざまなプログラムを実施します。
入場は無料、申込は不要です。ぜひお気軽にお越しください。


開催日

2013年2月2日(土)、3日(日) 10:00~17:00

会場

大阪国際交流センター(大阪市天王寺区上本町8-2-6)

予定されているプログラムの一部をご紹介します

※詳しくは、■ワン・ワールド・フェスティバル実行委員会ウェブサイト
■ワン・ワールド・フェスティバル事務局ブログをご覧ください。

シンポジウム

なんとかしなきゃ!見過ごせない55億人(仮)

2日(土) 午後(予定)大ホール
●なんとかしなきゃ!プロジェクトの著名人メンバーである真戸原直人さん(アンダーグラフ)と田中雅美さんがそれぞれ視察で訪れた途上国の現状を伝えます。
共催=なんとかしなきゃ!プロジェクト実行委員会

「国際協力について語ろう!」

2日(土)午後(予定)大ホール
●日本で感じられる身近なアフリカ、アフリカにおける日本人や日本企業の活躍など、成長の大陸であるアフリカの今について、外務省をはじめとする関係者が熱く語ります。
共催=外務省

ルー大柴さんトークショー

3日(日)12:00-13:00(予定)大ホール 
●今まで様々な発展途上国を訪れたルー大柴さん。訪れた国の現状やその国の発展のために現場で活躍する日本人の姿を「ルー語」を交えながらリポートします。
主催=外務省

地球のステージ

3日(日)13:30-15:30(予定)大ホール
●途上国の支援で活躍する医師・桑山紀彦さんが、歌、音楽、映像で展開するコンサート「地球のステージ」。
講師=桑山紀彦さん 他 共催=なんとかしなきゃ!プロジェクト実行委員会

湾・ワールド、海は地球の鏡?大阪湾から世界を知る

3日(日)午後(予定)小ホール
●身近にある大阪湾のことを学びながら地域のことだけではなく、世界の水環境について、これから今後20年後に向けて私達は何をすることができるかパネルディスカッションを通して学びます。
講師=ジェフ・バーグランドさん

写真展

■アフリカ写真展「成長するアフリカと日本」
アフリカで活躍する日本人、日本の団体(NGO、企業、援助機関等)の写真展示を通してアフリカと日本の絆を紹介します。
主催=外務省

映画上映

開発途上国の現状と課題、課題解決に向けた取り組みをテーマとした映画を上映します。

■人権啓発映画の上映「人生、ここにあり」 2日(土) 15:00~17:00(予定)小ホール
2008年イタリアで大ヒットした、精神病院を廃止したイタリアの1983年当時の実話に基づく映画を上映します。
イタリアにおける精神科病院を廃絶する「バザリア法」や、「国連障害者権利条約」など、国際的な人権保障の取り組みがあることを伝え、日本における「共生社会」の実現に向けた関心を喚起します。

「バレンタイン一揆」 3日(日)(予定)小ホール
日本の普通の女の子3人が、アフリカのガーナで出会ったのは、たくさんの子どもたちがカカオ農園で働かされ、学校に通うこともできない「児童労働」という現実でした。彼女たちが児童労働の問題と出会い、悩み、闘った物語です。
バレンタインデーに、フェアトレードでつくられたほんとうに愛のあるチョコレートを日本のみんなに選んでほしいという思いをのせて上映します。

2日(土)、3日(日)の両日実施されるもの

民族舞踊

●ベリーダンス、コリアの音楽と舞踊、インド舞踊など

体験

●楽しい環境体験コーナー、民族衣装の着付け、みんなのキッチン(民族料理模擬店)、JICA研修員を探せ!など

ワークショップ

●「体感!ボルネオの生物多様性を守ろう!~みんなで考えよう ロールプレイ~ 」、「国際理解教育のためのヒントを見つけよう!」、「国際子ども村を体験しよう!」、「「20」カ国語で話そう」など

講演会・トーク

●「関西へ避難した女性たち~震災・原発事故から二年・報道されない避難者の今~」、「外国にルーツを持つ若者から見た日本社会」、「日本と世界のフェアトレード」、「外国人母子支援ネットワーク・シンポジウム」など

 お問合せ

ワン・ワールド・フェスティバル実行委員会事務局 
〒540-0026 大阪市中央区内本町1-4-12 エンゼルピックビル2階 (特活)関西国際交流団体協議会内
TEL: 06-6944-0407 FAX: 06-6944-0408
専用TEL: 080-6130-2605
E-mail:

  • 大阪市役所
  • 留学生ネット
  • JICA@i-house
  • なんとかしなきゃ!プロジェクト
  • IBPC
  • Osaka Info
  • Japan Foundation
  • PREX
  • DUMMY
  • DUMMY